こんにちは。
インテリアショップコンフォートスタイルの山崎です。

本日は、↓このようなキズが家具についてしまった時に、
補修ペンを使って目立たなくする方法をご案内します。
dsc_0220

今回のテーマは、
全国の恐妻家のみなさん。
特にあなたたちに伝えたい。

それはナゼか?
恐妻家である我が家で、
なんとも恐ろしい出来事があったからなのです。

「ちょっと~!誰よこんなキズつけたのは!(怒)」

家中に響き渡る妻の怒声。
鬼のごとく怒り狂う妻に畏縮する私と息子たち。

あ~我が妻よ、
どうぞ怒りをお鎮め下さい。

家具を長く使っていれば、
キズはつきものなのです。

長男がおもちゃを投げつけたり、
次男が車の鍵でガリガリしたり、
それを見たパパが「こんなことしたらダメだろ!」と注意する時の、
「こんなこと」と言うタイミングでついつい同じように傷をつけたり…

このような出来事は日常茶飯事ですから、
どんなに気をつけていても、
必ずキズはついてしまうのです…

といっても、妻の怒りは収まらず、
今にも泣き出しそうな次男。

そこで、私はある物を使ってこの場をきりぬけたのです。

 

■用意するもの

♪チャラララ~ン

補修~ペ~ン

dsc_0226

ホームセンターや某ニ○リさんなどで簡単に手に入ります。
3本セットで600円前後、1本で200円前後と大変お手頃価格です。

とはいえ、どれを選べばいいか分からないわ~!って方は、
下記条件を満たしたペンをお選び下さい。

⇒補修したい家具と同種の色
⇒家具専用のペン

それでも迷う場合は、店員さんに聞いてみてください。

 

【作業手順】

1.補修ペンでキズの上から塗ります。
2.指でのばし、馴染ませます。
3.完了

※一度で消えないようであれば、
1・2の手順を何度か繰り返します。

すると…

dsc_0223

なんと!これだけの作業で傷がほとんど目立たなくなるのです!
間近で見たり、光の当たり具合によっては、傷の凹みが見えますが、
遠目からみたら、まったく気にならないレベルです。

キズと同時に妻の怒オーラも消えていきます。

「ふーん、やるじゃん。見直したわ。」

なんと!事態を収めるどころか、
株を上げる結果となったのです。

家具のキズを補修するだけでなく、
妻の心をも補修できる「補修ペン」

そのお値段なんと!500円前後!
これはもう買うっきゃない!
アナタも1本いかがですか?

※コンフォートスタイルでは販売しておりません。
お近くのホームセンターなどでお買い求め下さい。