こんにちは。
インテリアショップコンフォートスタイルの山崎です。

本日は、扉の上下のズレを蝶番の調整でなおす方法をご案内します。

dsc_0199

↑上の画像のように、
長くご愛用頂くうちに調整ネジがゆるみ、
扉にズレが生じることがあります。

その場合のほとんどは、
蝶番の調整ネジで綺麗に揃えることができます。

しか~も!
慣れてくれば、1分位でできる超簡単手順。
※複雑な事態の場合は、1分でできない場合もあります(汗

 

■まずは、蝶番の位置

%e8%9d%b6%e7%95%aaab

基本的に、扉1つに上下2つの蝶番がついています。
※画像ではA・Bと表記しています。

 

■次に、調整方法

%e8%9d%b6%e7%95%aa%e6%8b%a1%e5%a4%a7

蝶番にはいくつかのネジがついていますが、扉の調整は基本的に調整ネジを使用します。
調整ネジが硬くて回らない場合は、固定ネジを少し緩めて下さい。

※蝶番A・Bで調整方法が異なります。
—————————————————
⇒Aの調整ネジ
時計回り:扉が下がります / 半時計回り:扉が上がります
⇒Bの調整ネジ
時計回り:扉が上がります / 半時計回り:扉が下がります
—————————————————

 

■具体例1:扉が下にずれている場合

1.基本的に扉1つに上下2つの蝶番がついていますが、
扉が下にずれているケースでは、ほとんどの場合下側の蝶番で調整できます。
2.調整ネジを「時計回り」に回すと、少しずつ扉が上がります。
3.途中途中で扉をしめてみて、綺麗にそろったか確認をしながら微調整を繰り返して下さい。

 

■具体例2:扉が上にずれている場合

1.基本的に扉1つに上下2つの蝶番がついていますが、
扉が上にずれているケースでは、ほとんどの場合上側の蝶番で調整できます。
2.調整ネジを「時計回り」に回すと、少しずつ扉が下がります。
3.途中途中で扉をしめてみて、綺麗にそろったか確認をしながら微調整を繰り返して下さい。
↓↓
上記の簡単手順で、扉の高さが綺麗に揃いました。
dsc_0200

 

以上、扉の上下のズレを蝶番の調整でなおす方法でした。

扉の位置に違和感がでてきた場合は、
上記手順でメンテナンスをして頂きまして、
家具を長くご愛用頂けましたら幸いです。