カバーリングソファ、張り込みソファのメリット、デメリット

ソファを選ぶ際に、カバーリングタイプのソファか張り込みタイプのソファか
どちらを選べばいいのか迷うところですね。

実際のところ、カバーを外して洗うことができるカバーリングのソファが人気ですが、
それぞれにメリット、デメリットがありますので、ご理解された上で後悔のない
ソファ選びをしてください。

●フルカバーリングタイプのソファ

フルカバーリングタイプのソファは、本体、クッションなど、すべてのカバーが
取り外せるタイプになります。
小さいお子様やペットがいるなど、どうしても汚れてしまう怖れがある場合には
フルカバーリングのソファはおすすめです。

また、カバーを取り換えることで、季節によってお部屋の模様変えをするなんて
こともできますね。

※メリット
・カバーがすべて外せてクリーニング可能
・カバーを取り換えることでカラーの変更が可能

※デメリット
・コストが高くなってしまう。
・使用しているうちにカバーのずれやたるみが発生してしまう。
・デザインが制約されてしまう。
・本体のカバーの着脱は意外と大変。


フルカバーリングソファ
フルカバーリングのソファ リトモ 3P ソファ

●ハーフカバーリングタイプのソファ

ハーフカバーリングタイプのソファは、背、座のクッションのカバーは外せますが
本体のカバーは外せないタイプとなります。

本体のデザインに制約がないので、フルカバーリングタイプにはできない魅力的な
デザインと機能性の面で優れています。

※メリット
・汚れやすい背、座クッションのカバーは外してクリーニングが可能。
・フルカバーリングに比べてコストは安い。

※デメリット
・本体のカバーは外すことができない。
・張り込みほどのデザインの自由度はない。


張り込みタイプのソファ
張り込みタイプのソファ ピロー 3P ソファ

●張り込みタイプのソファ

デザインをより魅力的なものにしようとすると、張り込みでしかできない場合も
数多く出てきます。

そのため、張り込みタイプのソファには、より魅力的なデザインが多くなります。

※メリット
・デザインの制約がないため、魅力的なデザインが多い。
・使用している張り地のずれやたるみがほとんど出ない。
・コストが安い。

※デメリット
・張り地を取り外すことはできない。

では、張り込みタイプのクリーニングはどうすれば?

張り込みタイプのソファが汚れてしまった場合、クリーニングを請け負う業者があります。
ダスキンなどが代表的ですが、「ソファ クリーニング」と検索すれば、地域の業者が
いろいろあると思います。
専門業者ですので、驚くほどきれいになりますよ。

コスト面でも、フルカバーリングのカバーをドライクリーニングに出すと思えば、あまり
変わらないくらいの価格のようです。

汚れても洗えるということでフルカバーリングタイプが人気ですが、このようにメリット、
デメリットがありますので、自分のライフスタイルに合ったソファをお選びください。