kengaku02

1.フラッシュ・プレス

■工程その1
ツキ板やプリント化粧板を貼り合わせる為に、
芯材にローラーを使ってボンドを塗っていきます。

■工程その2
設計図に合わせて骨組みとなる芯を組んでいき、
組んだ芯に表面材を一枚一枚貼り付けていきます。

■工程その3
芯材と表面材を組んだパーツをプレス機に移動させ加圧していきます。
圧着させるとようやく一枚の板の完成です。
kengaku03

ちなみに、

当店の商品はすべて「フラッシュ構造」という、
内部に空洞の部分がある構造になっています。

フラッシュ構造とは、無垢材だけで仕上げた家具とは違い、
芯材(骨組みとなる材料)に表面材を貼り合わせたパーツを組み合わせた構造をいいます。

商品の軽量化、反りを防ぐことができる、またコストを抑えることができるメリットがあるんです。
当店が高い品質を保ちながら、商品を安価でお客様に提供できるのも、このフラッシュ構造だからなんです。

それでは次の工程
2.サイザー・ボーリング
の現場へと向かいましょう!