●Rignaというショップ

さまざまなブランド家具やデザイナーズ家具のインターネット販売からスタートし、現在は東京茅場町に店舗を構えているRignaというショップがあります。最近はホテルやレストランなどのコーディネートやインテリアデザインなども手掛けていて、テレビドラマのインテリア監修も多数。

そのRignaを率いているのが代表の小澤良介さんです。2010年に放映されたフジテレビの月9「月の恋人」というドラマを覚えていらっしゃるでしょうか?木村拓哉主演で篠原涼子、リン・チーリン、松田翔太などが脇を固めたとても贅沢なドラマでしたね。主題歌は久保田利伸の「LOVE RAIN」。そして主演の木村拓哉の役どころはインテリアの会社の社長でした。実はそのモデルとなった人物こそがRignaを率いる小澤良介さんです。実際、このドラマのインテリア監修もリグナが行っています。

●Rignaと大川が取り組んだAZO

2011年、Rignaと大川の家具メーカー4社が「HOME DESIGN PROJECT」として取り組み開発を行ったのが「AZO」です。当社も、テレビボード、シェルフなどの開発、製造を担当しました。現在の店舗デザインの主流であるアンティーク、シャビーシックをいち早く取り入れたデザインは斬新でしたが、製作ではなかなか苦労も。特に、塗装については初めてのアンティーク塗装へのチャレンジでした。下地の段階でわざと墨を入れて導管を黒く染色。そして表面を研磨し塗装を施すと、導管部分だけが黒くなり、まるで年月を経たアンティーク家具のような仕上がりになるんです。ただ熟練の職人には、これまで綺麗に仕上げることを誇りとしてきただけに、このアンティーク塗装は「汚い!」と大不評・・・(笑)まあ、年配の方にシャビーシックを理解してもらうのは難しいですよね。
AZO
撮影は長崎のグラバー園前に建つ旧香港上海銀行長崎支店にて行いました。とにかく素敵な建物で、コンフォートスタイルでも、この雰囲気に合うようなアンティークな家具を開発した時には、ぜひここで撮影したいですね。

ちなみに、AZOもテレビドラマに使われていて、「ガリレオ」や「独身貴族」などに出ていましたよ。

AZOはRignaにて販売されています。AZOのページはこちら