畳の和室に最適ソファ

●畳の和室に最適な畳ずりの木脚ソファ

多くのマンションの間取りでは、リビングダイニングの横に和室がある場合が多いですね。

リビングダイニングが窮屈にならないよう、ゆったりとダイニングのスペースを広くとって、
和室にソファを置いてくつろぎのリビングスペースにする方もいらっしゃると思います。

また、最近は和室が見直されて、和室でのライフスタイル自体を楽しまれている方も
増えていらっしゃるようです。

ただ、畳の和室にソファを置きたいと思った場合、どうしても気になるのが畳の痛みですね。

畳に湿気がこもることを考えると、通気性のいい脚があるタイプがいいでしょうし、
とは言え、脚があると重量が集中するのでその脚自体で畳が傷んでしまいます。

カーペットやラグを敷いてその上に置くということもできますが、
やはりその場合も、通気性の問題で畳に湿気がこもればカビの心配も出てきます。

そこで便利なのが、「畳ずり」と呼ばれる脚です。

畳ずりの木脚のソファ

●畳が傷みにくいソファの脚

ソファの脚がこの「畳ずり」の形状であれば、畳にかかる重量が分散されるのであとがつきにくいですね。

また、引きずったとしても、普通の木脚のように畳の表面を痛めるという心配はありません。

ですが、畳ずりのソファって、ありそうで意外とないんですね。

お恥ずかしい話、実は開発段階で畳ずりということを意識していたわけではなかったのですが、
お客様からようやく見つけましたという声をいただいて、そういうことかと気付いた次第でして・・・

●和室にも合うモダンデザイン

日本人は明治時代から、和の文化の中に洋を取り入れ和洋折衷という文化を創り出してきました。

そういうのが得意な民族性なんですね。

実際、最近の高級旅館でのリニューアルでも、和室にモダンデザインのソファという
コーディネートが増えてきています。

このソファも、基本的なスタイルはモダンになると思いますが、和の空間の中に置いても
まったく違和感は感じないのではないかと思います。

ぜひ、畳の痛みを気にしなくていい「オランゴ」ソファで、あなただけの素敵な空間を
お作りください!


商品ページはこちら