商品検索

商品番号












商品カテゴリ一覧 > 婚礼家具の大川市と脚物家具の日田市の歴史


コンフォートスタイルのソファは
無垢材の脚部や肘置きは福岡県大川市で
ソファ本体は大分県日田市の工場で作られています。


だから何?って感じだと思いますが
この両市には遡ること室町時代から
深い繋がりがあるんです!
という小話のページです。

九州一の大河「筑後川」

大分県日田市は山々に囲まれ、また日田天領水が有名なように綺麗な水に恵まれた風光明媚な土地です。 その日田と大川は県こそ違いますが、九州一の大河である筑後川により深い結びつきがあります。

木材の産地「日田」材木の集積地「大川」

筑後川が有明海に流れ込む最下流に位置する大川市は、豊富な木材の産地である日田から川を下ってくる 材木の集積地として栄え、造船業が発達し、海上交通の要衝として重要な役割を果たしてきました。 その中心地が大川家具発祥の地といわれる「榎津」です。この地名は、さかのぼる事室町時代、 戦で兄を亡くした榎津久米之介が乱世をはかなんで当地を訪れ、自分の氏である榎津と名付けたことに由来。

脚物の「日田」婚礼家具の「大川」

豊富な木材のおかげで日田も大川も家具の産地となりました。コンフォートスタイルが位置する大川は婚礼家具の産地として発展したのに対し、タカセインテリアの位置する日田はソファなどの脚物と呼ばれる家具の産地として発展しました。

それぞれに培ってきた
職人の技術が、今ひとつに。

コンフォートスタイルのソファは、日田で製造した本体に、大川でつくられた無垢材の脚や肘置きが組み合わさることで完成します。それはつまり大川と日田、婚礼家具とソファ。別々の道で培ったそれぞれの職人の技と技が結集した至極のソファということです。その品質にどうぞご期待下さい。






>>ソファプロジェクト本格始動<<