ソファの選び方

へたりにくいウレタンソファの選び方!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは、新人のくまです。

買った当初はふわふわで気持ちがよかったソファが
いつの間にか固くなって、形も崩れてしまった。
そんな経験ありませんか?

今回はどうしてソファはへたってしまうのか。
へたりにくいソファを選ぶにはどうすればいいのか。
など、ソファの内部に迫ったお話をしたいと思います。

 

なぜソファはへたるのか

 

どうしてソファは使ううちにへたってしまうのでしょうか。
それはソファに使用している「ウレタン」という多孔質の素材にあります。

簡単にいうとウレタンは
家庭で使用するスポンジの密度をもっと高くしたようなものです。
ですので、負荷がかかると柔らかくへこみます。
この負荷が私たちの体重になるわけですが、
毎日何度も負荷をかけ続けると空気を含んでいた空洞の部分が潰れてきてしまいます。
これが「へたり」になるのです。

 

どのようなソファが長持ちするのか

 

少し想像してみて下さい。
多孔質の空洞部分が大きいスポンジと小さいスポンジでは
上からかかる同じ負荷に対してどちらの方が耐久性があるでしょうか。

それは空洞部分が小さいスポンジです。
空洞が小さい=力を支える壁がたくさんあるからです。

ネットショップのソファに使用している素材を明記する所に
「ウレタン30kg」などと書いてあることがあります。

これが密度の表記になるんです。
ウレタンの重量が大きければ大きいほど、
空洞は小さく、細かくなっていきます。
空気を含まない分、材料をより多く使用しているため重くなっていくというわけですね。

と、いうことは!
重いウレタンを使用しているソファほどへたりにくい!
というのが理論上の結論ですが
そんなソファはすごく固くて座り心地が悪いと思います。

座り心地も考えると、
重いウレタン→軽いウレタン→まあまあ重い上質なウレタン
と比重の違うウレタンが3層になっているソファが
へたりにくく、座り心地の良いものだと思います。

 

まとめ

 

・ソファのへたりは、ウレタンという多孔質の空洞が潰れてしまうことが原因です。
・へたりにくく、なおかつ座り心地のよいソファは
比重の違うウレタンを層(重→軽→やや重)にしたものです。

ですが、ウレタンの厚みが1cm違うだけで全く違う座り心地になったりします。
人の感覚ってとても繊細なんですね。

comfort styleのソファを製作している
タカセICは大分県日田市にあるソファメーカーで
座る人のことを考え、試行錯誤の末に
どのソファも座り心地がよく、できるだけ長持ちする構造のソファを製造しています。

 

そんな座る人のことを考えたこだわりのソファは
コチラでお買い求めいただけます。
ぜひソファ選びの参考にしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る