展示会情報

ジャパンインテリア総合展

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

4月8日、9日と、大川ではジャパンインテリア総合展が開催されました。

九州の片田舎での開催なのにジャパンなんて大それた名称の展示会ですが、家具の産地として国内最大の大川で開催される展示会とあって、昨今は大川のメーカーだけではなく全国の家具メーカーが出品するようになりました。その結果、大川に行けば日本中のメーカーの家具が見れるということで全国からの家具店やインテリアショップのバイヤーの集客も増加。まさに、国内の家具展示会としては最大規模となっているんです。

コンフォートスタイルを運営している生松工芸も、卸販売部門はジャパンインテリア総合展に出展していました。

こちらは、展開を始めて半年の「Contents_Casa」というブランド。素材やつくりにコスト面で妥協せずに贅沢に仕上げ、あえて生松のブランドは使わずに「Contents_Casa」としてハイグレードのブランドを目指しています。バイヤーからの認知も上がってきており、実際展開していただいているショップさんでは、価格帯の割にはよく売れているようです。さらにこのブランドはショップでの展開だけでなく、住宅を建てるときのインテリアコーディネーターさんにも大変好評なので、秋にはIFFT東京国際家具見本市への出品も計画しています。
Contents_Casa

これまで生松としては卸部門では書棚を中心に販売していましたが、今回ソファの子会社タカセICとのコラボシリーズとして「POTATO」と「BRISE」という2つのシリーズの家具を開発し、卸部門でも本格的にソファとボードを組み合わせた家具の展開を始めました。

こちらがポテトシリーズ。
ポテトっぽいやわらかくかわいいラインのシリーズ。
POATOシリーズ

こちらはブリーズシリーズ。
シックな佇まいのソファとボードのシリーズです。
BRISEシリーズ
両方のシリーズともバイヤーに好評で、今後の展開にはかなり期待が持てそうです。
これらの家具は基本的に卸販売向けに開発しているのでコンフォートスタイルではお取り扱い致しませんが、もしご興味がある方は当店にお問い合わせいただければ詳しいご案内は可能ですよ。

さて、いよいよ11日、12日は春の大川木工まつりです。メイン会場の大川産業会館では、これらの新作の家具をはじめ、当社ブースでも展示即売や通常価格よりお得な家具を用意しています。また、当社の工場に併設しているファクトリーストアに来ていただければ、コンフォートスタイルの商品も見ていただくことができます。ぜひ、ソファなどこだわりの座り心地を試しに来てください。アウトレット商品も多数ありますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る