おすすめ商品

サウンドバーに最適なテレビ台

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

最近のテレビは40型や50型と大画面になり、しかも画質は4Kが主流になるなどとても綺麗になりましたね。ただし、一つだけ犠牲になっているものが・・・。それは音質です。薄型大画面になったことによりスピーカーを収めるスペースの問題などで、昔のテレビに比べて音質がとても貧弱になってしまってるんです。

そのため、最近ではヤマハのデジタルサウンドプロジェクターYSPシリーズを筆頭に、各メーカーがテレビ画面の下に設置するバータイプのスピーカーであるサウンドバーを発売し人気になっています。さらに音質にこだわる方は、5.1chサラウンドシステムなんかを組まれる方もいらっしゃるでしょう。

ただ問題が、これらのサウンドバーやサラウンドシステムのセンタースピーカーなどを収納できるテレビ台というのが意外とないんです。もともとDVDプレイヤーなどの収納を前提にしているので、ほとんどのテレビ台の収納部は幅が50cm程度です。さらに、天板にはテレビという重量物を置く以上強度が必要なため、収納部の幅をあまり広げられないといった理由もあります。サウンドバー自体はもともとテレビ台の天板上に置くようになっていますが、実際のところお掃除などを考えると天板の上よりはテレビ台に収めたいですよね。

実は、コンフォートスタイルにはサウンドバーやセンタースピーカーにに最適なテレビ台があるんです!
オペラ 180 テレビボード

画像をクリックで商品ページへ!

●お客様の声からできたテレビ台

実は当店にはオーダー家具を製作している「家具工房Bridge」という姉妹ショップがあります。以前、こちらのショップにヤマハYSPシリーズのサウンドプロジェクターを収納できるようにオーダーで制作してほしいという依頼が多く入るようになりました。しかしオーダーは自由に作れる反面、どうしても価格的には高くなってしまいます。これだけオーダーで製作してほしいという依頼があるのだから、コンフォートスタイルで開発して量産すればお求めやすい価格で提供できるのでは!と考え発売に至りました。

問題の天板の強度は、天板内にスチールの角パイプを仕込むことでクリアさせています。こちらのテレビ台も「やっと見つけた!」という声をたくさんいただいているテレビ台です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る