社長ブログ

福岡県産材の活用と大川からの提案 ~展示会~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

前回のブログでお知らせしていました「福岡県産材の活用と大川からの提案」の展示会が本日13日と明日14日、アクロス福岡交流プラザにて開催されています。

 

今回の提案のテーマは「オフィス」と「公共施設」向けの家具です。というのも、国産材は針葉樹がほとんどのためそのままではやわらかいことや反り割れのため家具材には向いていません。そのため集成したり、なんらかの工業的な手を加える必要があります。そうするとどうしても価格が高くなり、一般家庭向けには使いづらいというのが現状です。

 

それでオフィスや公共施設向けのほうが、まずは国産材を使っていきやすいのではないか。また、これまでの無機質なオフィスや公共施設が、国産材を使うことで落ち着きのあるお洒落な空間にすることができるのではないか。そのような観点から、今回はオフィス、公共施設をテーマにした商品開発を行い、今回の展示となりました。
展示会風景

 

当社が出品していたカウンターは、そのまま入り口での受付カウンターとして展示しています。前面の組子の裏には乳白色のポリカーボネイトがあり、上からLEDで組子を照らしています。和風モダンではありますが、企業の受付にこんなカウンターがあれば、相当お洒落だと思いますよ。
国産材組子カウンター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*